« ブラスバンドの練習を聴いて | トップページ | 「長い休符」の過ごし方(6) »

2006年8月 1日 (火)

ショスタコーヴィチ自作自演!

出てました!しかも3月発売だった由。店頭で見たのは初めてだったんだけどなあ。
Dmitri Shostakovich & Friends
4枚組。音質も、決して悪くない。最初の2枚は初演者ベートーヴェン四重奏団による第1〜第4弦楽四重奏曲。3,4枚目ではショスタコーヴィチ自身のピアノ演奏(素晴らしい!)による2曲の協奏曲を、第7交響曲の初演者サモスード、作曲者と縁の深かったガウクの指揮で収録。第10交響曲連弾版の相手は弟子にしてライヴァルのヴァインベルク。ピアノの調律がいまいちなのが涙を誘います!4枚目の最後は初演者ドルジーニンとミュチャンによるヴィオラソナタの美しい演奏(これまで聴いた中で最上の演奏です)。ショスタコーヴィチの内面に触れられる貴重なCD。・・・もう一種類見つけたのですが、ネットでは発見出来ずにいます。もう売れちゃったかな・・・

|

« ブラスバンドの練習を聴いて | トップページ | 「長い休符」の過ごし方(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2886666

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ自作自演!:

« ブラスバンドの練習を聴いて | トップページ | 「長い休符」の過ごし方(6) »