« オペラは難しい!(付:リハビリ進行状況) | トップページ | モーツァルト一家ウィーンへ(4) »

2006年7月10日 (月)

モーツァルト伝いくつか

最近は家で「お父さんはモーツァルトばっかり!」と笑いものの私。が、新刊ではいい本に巡り会えません。「癒し」と「CD選」ばっかりか、と思っていたら、先日モーツァルト「スパイ」説を唱える本が出て仰天!中身は・・・芭蕉忍者説よりずっと「こじつけ」だなあ。
伝記は音楽之友社の「作曲家・人と作品:モーツァルト」以外にまともな新刊が無い。復刊された高橋・冨永訳「スタンダール著:モーツァルト」(東京創元社)は歴史的に面白いですが、日本人の優れた著作「モーツァルトの生涯(海老澤敏著、白水社)が絶版のままなのは遺憾です。3分冊の新書版もアマゾンでやっと古本で見付けました。苦労します。「日本の古本屋」サイトでは1冊本が見つかります。1984年の本ですが、鮮度は抜群。ただし相場は5千円以上。聴くだけでなく、知る"Mozart Year"にするためにも、お読みになってみて頂ければ幸いです。



モーツァルト[新装版]


モーツァルト[新装版]


著者:スタンダール

販売元:東京創元社

Amazon.co.jpで詳細を確認する



モーツァルト


Book

モーツァルト


著者:西川 尚生

販売元:音楽之友社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« オペラは難しい!(付:リハビリ進行状況) | トップページ | モーツァルト一家ウィーンへ(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2596951

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト伝いくつか:

« オペラは難しい!(付:リハビリ進行状況) | トップページ | モーツァルト一家ウィーンへ(4) »