« モーツァルト第1回イタリア旅行(3)「ミトリダーテ」 | トップページ | モーツァルト第1回イタリア旅行(1)声楽曲による売り込み »

2006年7月29日 (土)

モーツァルト第1回イタリア旅行(2)交響曲

1770年にはヴォルフガングは少なくとも5つの交響曲をイタリアで書いています。

K.81(Nr.44): D Dur 2Ob,2Hr, Str. April 25 Rome

K.97(Nr.47): D Dur 2Ob,2Hr, 2Trp,Tim, Str. April ? Rome

K.95(Nr.45): D Dur 2Ob/Fl,2Trp,Str. April ? Rome

K.84(Nr.11): D Dur 2Ob,2Hr, Str. July? Bologna

K.74(Nr.10): G Dur 2Ob,2Hr, Str. (Italy)

これらの交響曲のスコアは「新モーツァルト全集」ペーパーバック版Vol.11, Serie IV Orchesterwerke Werkgruppe 11: Sinfonien Band 2に掲載されています。

もうひとつこの頃の作とされる、K.Anh.216(Anh.C 11.03 B dur)については、ヴォルフガングの真作であるという明白な証拠はありません。(西川尚生「モーツァルト」によると、上記のうちではK.81、K.84、K.95にも真正な楽譜資料は無いそうです。)
(この曲のスコアは"MOZART Die Sinfonien II" Baerenreiter Urtext 2005 ISMN M-006-20466-3に含まれており、演奏例は以下のCDに含まれています(いずれも輸入盤、ピノックは国内盤あり)。
* CD19 of "MOZART The Symphonies", Hogwood/The Academy of Ancient Music, EDITIONS DE L'OISEAU-LYRE 452 496-2)
* CD 3 of "MOTZART The Symphonies", Pinnock/The English Concert, ARCHV 471 666-2)

面白いのは、ローマとボローニャで書かれた4曲がすべてニ長調であることです。そのせいか、これら4曲はヴォルフガングが過去に書いたどの交響曲よりも輝かしく響きます。
とくにK.97とK.95は2 本のトランペットを含んでおり、メヌエット楽章もあります。ヴォルフガングは9月22日付けの姉への手紙に、イタリアの人たちにドイツ風のメヌエットを知らせてやりたい、と綴っています。これは交響曲に関して述べたことではありませんが、最近の研究者によると[交響曲のメヌエット楽章は後から書き足されたものではない」と言われていますから、交響曲のメヌエット楽章に対しても同じ思いで臨んだのではなかろうかと思います。
K.81, K.84 , K.74 とK.Anh.216は 3楽章からなる"イタリア風" シンフォニアです。
K.74はオペラの受注を見越してその"序曲"用に書かれたような印象を受けます。K.74の第2楽章は、第1楽章と切れ目無く演奏されるようになっているからです。
他のイタリア風シンフォニアについては書かれた目的は私には想像出来ません。

単にイタリアオペラ受注に向けた宣伝を狙っての、一連の交響曲作曲だったかも知れませんが、後年の我々には、これらの交響曲に至って思春期を迎えたらしいヴォルフガングの心の揺れと成長を感じ取れるように思います。

K.81
1.Allegro,106bars[not repeat ,4/4]
2.Andante,35 +36[repeat each section, 2/4, without Hrs.]G Dur
3.Allegro molto, 76 + 46[repeat each section, 3/8]

K.97
1.Allegro,94bars[not repeat ,4/4]
2.Andante,14 +22[repeat each section, 2/4, strings only]G Dur
3.MENUETTO[24bars] & Trio[16bars,strings only]
4.Presto,173bars[not repeat ,3/8]

K.95
1.Allegro,90bars[not repeat ,4/4]
2.Andante,24 +32[repeat each section, 3/4, 2Fl &strings]G Dur
3.MENUETTO[22bars] & Trio[24bars, 2Ob&strings]
4.Allegro, 59 + 61[repeat each section,2/4]

K.84(第11番)
1.Allegro,135bars[not repeat ,4/4]
2.Andante,79bars [not repeat, 3/8]A Dur
3.Allegro, 92 + 96[repeat each section,2/4]

K.74(第10番)
1.Allegro,117bars[not repeat ,4/4]direct to 2nd mov.
2.Andante,199bars [not repeat, 3/8]C Dur
3.Allegro, 16 + 96[repeat 1st section,2/4] ---The score made mistake?

K.Anh.216
1.Allegro,160bars[not repeat ,3/4]
2.Andante,31 +39[repeat each section, 2/4]Es Dur
3.MENUETTO[16bars] & Trio[24bars, strings only]
4.Allegro, 56 + 94[repeat each section,2/4]



モーツァルト:交響曲全集


Music

モーツァルト:交響曲全集


アーティスト:ピノック(トレヴァー)

販売元:ユニバーサルクラシック

発売日:2006/03/08

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« モーツァルト第1回イタリア旅行(3)「ミトリダーテ」 | トップページ | モーツァルト第1回イタリア旅行(1)声楽曲による売り込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2850604

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト第1回イタリア旅行(2)交響曲:

« モーツァルト第1回イタリア旅行(3)「ミトリダーテ」 | トップページ | モーツァルト第1回イタリア旅行(1)声楽曲による売り込み »