« なぜ『響き」あわない? | トップページ | 定家と千載和歌集(9) »

2006年6月15日 (木)

追悼:岩城宏之さん

ガーシュウィン自演への素敵なコメント有り難うございました。「じゃあ、ほかの自作自演も!」といこうか、と思っていたのですが・・・
6月13日、いつも覗いているブログで、岩城宏之氏のご逝去を知りました。その後大々的に報じられず怪しんでいたのですが、オーケストラ・アンサンブル・金沢のHPで間違いないことを確認しました。
私は親の反対もおしきれず(勿論、才能もなく)その道にこそ進みませんでしたが、子供のころからTVに映る岩城さんは憧れの的でした。国内外を問わない新進作曲家の作品を積極的に紹介していたうえ、正統的な古典解釈でも群を抜いていらしたと思います。岩城さんの指揮で録音された「涅槃交響曲」は私の永年の愛聴盤の一つです。
昨年3月リリースの、権代敦彦さん(1965-)の新作、併せてブラームスの第2を入れたCDも名演です。これをご紹介することで、尊敬するマイスターへのお悔やみを申し上げたいと存じます。



ブラームス:交響曲第2番


Music

ブラームス:交響曲第2番


アーティスト:オーケストラ・アンサンブル金沢

販売元:ワーナーミュージック・ジャパン

発売日:2005/04/27

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« なぜ『響き」あわない? | トップページ | 定家と千載和歌集(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2228386

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:岩城宏之さん:

« なぜ『響き」あわない? | トップページ | 定家と千載和歌集(9) »