« ひばり | トップページ | ブルックナーの第3(9) »

2006年6月 2日 (金)

CD・DVD買物保管失敗談

ふと思い出したので、綴っておきます。

どなたもご注意下さい。

1)DVD買物失敗談

「まとめ買い」という悪い習慣をお持ちの方はとくに気をつける必要があります!

他のCDを買うのが目的でいった店で、手に入りにくいDVDを見つけて、ついそれも買ってしまいました。優先順位が低いので、そのあとしばらく、パッケージを開けずに棚に飾っておりました。

1ヵ月後、「やっと見る時間ができた!」と喜び勇んでビニールをはがし、ケースを開けて、びっくり仰天。中にディスクが入っていない・・・つまり、空っぽ。

レシートはとっくになくしているし、「元から空だった」と証明できるものは何も残っていません。泣く泣くあきらめて今日に至る。

以後、買ったCD・DVDは、店を出たらすぐに、人目もはばからず開けてみて、中を確認するようにしています。(^^;

2)CD保管失敗例

数枚組みのCDには、高級感を出す意図からなのか、スポンジ状の緩衝材を入れてあるものがあります。

これは、ぜひ、すぐに取り出して捨てて下さい。

長い時間の間に劣化するか酸化するかしてエライ目にあいますヨ。

大事にとっておいた「タンホイザー」と「パルジファル」のCD・・・久しぶりに聴こうとケースを開けたら、当初は白かった緩衝材が赤茶けた色になっていて、さわるとボロボロに崩れました。

「これはやばい!」

ディスクを取り出したら、緩衝材のカスが飴状にべったりへばりついていて、取れません。洗剤をつけて水洗いしてもだめです。洗いもの用のスポンジで用心しながらこすったつもりでしたが、結局はCDの塗装も剥げ、再生もままならなくなりました。

もう、泣くに泣けません。。。

「もって他山の石となせ!」でございます。

以上。

|

« ひばり | トップページ | ブルックナーの第3(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2044577

この記事へのトラックバック一覧です: CD・DVD買物保管失敗談:

« ひばり | トップページ | ブルックナーの第3(9) »