« 「さまよえるオランダ人」序曲をめぐって(2) | トップページ | なぜ『響き」あわない? »

2006年6月13日 (火)

「さまよえるオランダ人」序曲をめぐって(1)

「モーツァルト以降を継いだのがベートーヴェン、さらにワーグナーだったのは、音楽界にとってそもそもの不幸だったかも知れない」
・・・正確ではありませんが、どの本だったか、そんな意味のことを書いていたと記憶しています。
本当にその通りで、具合が悪いときにベートーヴェンを聴いていると疲労感が増しますし、ワーグナー作品のDVDなんか見たりしようものなら、もう、立ち直れないほど気が滅入ります。
ベートーヴェンは、それでもまだ第8のようなお気楽交響曲(と言っては怒られますが)がある分、救われます。
ワーグナーは「さまよえるオランダ人」以降、好んで「理想的な女性」を死の犠牲に追いやる筋書きばっかり作っていて、
「なんかコンプレックスがあったのかな」
と疑ってしまいます。「オランダ人」のゼンタ、「タンホイザー」のエリザベス、「ローエングリン」のエルザ、「トリスタンとイゾルデ」のイゾルデ、「指輪」シリーズではジークリンデにブリュンヒルデ。最後の「パルジファル」では一見そうしたキャラクターではないけれど、実は大きな役割を果たすクンドリ。・・・みんな、ワーグナーに殺された女性たちです。誰も死なないのは「マイスタージンガー」だけですよね。その「マイスタージンガー」でも、仇敵ハンスリックを露骨に皮肉ったり、と、まったく意地悪な、サディスティックな人です。
そういいつつ、結構ワーグナーの音楽が好きだったりするから、私もサディスティックな面を持っているのかもしれません。くわばらくわばら。

|

« 「さまよえるオランダ人」序曲をめぐって(2) | トップページ | なぜ『響き」あわない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2206936

この記事へのトラックバック一覧です: 「さまよえるオランダ人」序曲をめぐって(1):

« 「さまよえるオランダ人」序曲をめぐって(2) | トップページ | なぜ『響き」あわない? »