« ブルックナーの第3(8) | トップページ | ブルックナーの第3(6) »

2006年6月 4日 (日)

ブルックナーの第3(7)

<比較から判明すること1>
第1稿を比較の軸としますと、表1・2からは、第2/第3稿で次のようなことが行われているのが判明します。
 第1楽章:第1主題呈示の短縮
      (削ったのではなく、主題の長さを詰めています)
     :展開部3の大幅な削減(第1稿のみ、性格が違っています)
     :コーダの短縮(第1稿Yの美しい部分がなくなりました。
             ちょっとクドい印象があったのかも知れません。)
 第2楽章:第1主題2〜第2主題3の半減
     :コーダの大幅削減
 第3楽章:第2稿でのコーダ付加(生前の演奏実績はありません)
 第4楽章:第2主題部の短縮
     :第3主題部の若干の削減
     :第3稿では第2主題再現部の半減
     :コーダ前半部の削除

また、すくなくとも第2稿は第1稿の練習記号をそのまま受け継いでいることも分かります。練習記号がどういうルールで付けられるのか、私は存じませんが、作曲者の意図もそこには行っているのでしたら、第2稿まではブルックナーは一貫した発想で第3交響曲に臨んでいた、とも言えるでしょう(いや、練習記号には作曲者は関係ないんだ、という事実があるのでしたら、どうかご教示下さい。お礼ははずみます!・・・といえない貧乏状態がツライ。。。)

データからだけで言えること:
・第2稿は第1稿を1割削減し、第3稿は第2稿を1割削減した。
・結果として、第3稿は第1稿の2割減となった。
という量的な実態、また、
・削減に当たっては、展開部・コーダをターゲットにして
 作業が行われていると思われる。
・第3稿が第1稿の2割減となった主な要因は、
 上記作業が最終的にかなり徹底されたことによるが、
 その際、短縮にもっとも大きな影響を与えたのは、
 第4楽章の第2主題再現部の半減化である。
 (おそらく、この部分が「彼には形式感が無い」という
  ブラームスの感想を呼び起こしたかも知れない)
・一方で、各主題の最初の呈示は、3種の稿とも一貫して骨格を崩していない

|

« ブルックナーの第3(8) | トップページ | ブルックナーの第3(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2064278

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナーの第3(7):

« ブルックナーの第3(8) | トップページ | ブルックナーの第3(6) »