« 頭カラッポはむずかしい! | トップページ | 当り前過ぎ!モーツァルト療法 »

2006年6月 6日 (火)

ガーシュウィン自演!

作曲者自作自演とか、歴史的演奏家の録音とかは、タイミングをのがすと手に入らないんですよね。ところが先頃、タワーレコードのRCAコレクション企画第3弾第1回で、「ガーシュウィン歴史的録音集」が発売されていました。知らなかった・・・
「ラプソディ・イン・ブルー」は短縮版ですが2つ、「パリのアメリカ人」ではチェレスタソロで、それぞれガーシュウィン自身が弾いています。彼の演奏はロールピアノに収録されたものもありますが、やはり生録音とでは活き活き度が違います。「ラプソディ・イン・ブルー」冒頭のクラリネットなんかは、上品な演奏でしか聴いたことがない方は仰天すると思います。価格も1,050円! 必聴です!!
(スーザのマーチ自演集もあります。娘に無理やり買わせましたが、まだ開封してくれない。。。)

|

« 頭カラッポはむずかしい! | トップページ | 当り前過ぎ!モーツァルト療法 »

コメント

ガーシュインの自作自演CD、一昨年の定演前にHMVで購入しました。それはちょっとお高めでしたが、ガーシュイン本人が、葉巻を吸いながらピアノを弾いているジャケットで、思わず「うわぁ、かっこいい!!」と思い、即購入しました。これがすごく良くて、今ではうちのパソコン教室のBGMでかかっています。
それに、一番ビックリしたのが、当時いきつけの喫茶店のマスターに(クラッシック大好き)聞かせて、お店のBGMにかけていたら、常連の80歳代のおばあちゃんが、懐かしがって涙を流した・・・こと。おばあちゃんは青春時代をアメリカで過ごしていて、その頃よくガーシュインを聞いていたそうです。
その後おばあちゃんは懐かしさのあまり、船でアメリカ旅行へ行って、お土産にCDをプレゼントしてくれました。
今度の練習のときに両方持っていきますね。

投稿: ムジークのCLギャル | 2006年6月15日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2099207

この記事へのトラックバック一覧です: ガーシュウィン自演!:

« 頭カラッポはむずかしい! | トップページ | 当り前過ぎ!モーツァルト療法 »