« しちまった!大きな買い物 | トップページ | 「見直す」ということ(5) »

2006年6月21日 (水)

「見直す」ということ(6)

今回TMFにクリスチャン・バッハを取り上げていただいたのは、団員・先生の双方に
「なんとかモーツァルトを『考え直して』頂くきっかけにならないかなあ」
という思いからでした。
モーツァルト自身、幼いうちから「素人臭い演奏」を嫌った人で、現状の当団の力量ではとても本人の意に沿う演奏が出来ないのは明らかなのですが、そう言ってしまうと、
「じゃあ、他の団体は?」
というプライドにも関わってきます。事実、過去の経験上、他団体で弾かせていただいても
「あ、納得のいくモーツァルトが出来たな」
という経験は(お世話になったのに大変失礼ながら)皆無です。
じゃあ、他の作曲家のものは、となったら・・・なんだ、それだって違いがないじゃないか、とはお思いになりませんか?

モーツァルト本人にどう文句を言われようが、死人に口無し!(罰当たりだな!)
今回演奏する方も降り番の方も、自分達のクリスチャン・バッハ演奏をくれぐれも厳しく検討し、打ち上げででも今後の選曲の場でも、今後の進歩の種として、明確に演奏方法の是非を細かく「観察」していただければ、と、切に願っております。

どうやったらモーツァルトらしくきこえるかな、というヒントは、幸いにも現在では沢山の視覚的材料にさえ恵まれています。
「この演奏家が好きだから」
といって、特定の演奏家のものに固執することは、おすすめしません。
お高いので、「ボーナス貰えた!」方にしかお薦めできませんが、6枚組DVDのピアノ協奏曲集
<旅路のモーツァルト>(Geneon GNBC-1015 2万円!)
は、14曲を12人のピアニスト、7つのオーケストラ、8人の指揮者の演奏で「見る」ことができますから、できればご覧になってみて下さい。



モーツァルト生誕250年記念企画 旅路のモーツァルト・ピアノ協奏曲集


DVD

モーツァルト生誕250年記念企画 旅路のモーツァルト・ピアノ協奏曲集


販売元:ジェネオン エンタテインメント

発売日:2006/01/27

Amazon.co.jpで詳細を確認する

自身の技量・知識等の不足から、私も
「モーツァルトの全作品を通じてモーツァルトを見直す」
ことがどこまで可能か、どんな結果になるか、まだ不安でいっぱいですが・・・まあ、それは自分が好きで勝手にやっていることか・・・ごめんなさい。

他に、「伝統音楽としての邦楽」が学校の授業に取り入れられていながら本当に成果が上がっているかどうか疑問に思っている点などもあり、当初はそれについても綴ろうと考えておりましたが、今回の趣旨がまとまらなくなりますので、機会をあらためることとします。

といいつつ、今夜は娘のデッキの上に『 声で楽しむ「平家物語」名場面』なる本を置いといて、知らん顔を決めつけようとたくらんでいるところです。。。
国語の授業で暗記に力を入れているみたいなので、いいチャンス!



CD‐BOOK 声で楽しむ「平家物語」名場面


Book

CD‐BOOK 声で楽しむ「平家物語」名場面


著者:鈴木 まどか

販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« しちまった!大きな買い物 | トップページ | 「見直す」ということ(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2318885

この記事へのトラックバック一覧です: 「見直す」ということ(6):

« しちまった!大きな買い物 | トップページ | 「見直す」ということ(5) »