« 雨の音 | トップページ | K.20,K.21,K.23/最初の声楽作品群(2) »

2006年6月12日 (月)

K.20,K.21,K.23/最初の声楽作品群(3)

K.23 "貞節をお守り下さい"ソプラノ用アリア

モーツァルト一家は9月10日にハーグへ着きました。この日程の伸びには父の病気が絡んだりしていましたが、ともかく着いた、と思ったその矢先、今度はナンネルとヴォルフガングがチフスにかかって重態に陥りました。幸いにも新年前には回復してこと無きを得ましたが。
ソプラノの為のアリア「貞節をお守り下さい」(K.23)がかかれたきっかけは不明ですが、「レコード芸術」2006年6月号の記事によると、オルレアンの王子の注文から創作された、とのことでした。
上演自体は何度行なわれたか分かりませんが、少なくとも7月18日にレオポルドが開いたコンサートの中で、おそらくヴォルフガング自身が歌ってなされたものと思われます(演奏会予告に「少年は自分の作曲によるアリアを歌う」とあります。)

歌詞は以下の通りです(メタスタージォ作「アルタセルセ」から)〜なお、誤訳はご了承下さい。

1:Conservati fedele;(貞節をお守り下さい;)
2:Pensa ch'io resto, e peno,(のこって苦しむ私のことを思って下さい,)
3:E qualche volta almeno(すくなくとも私の顔が浮かんだ時は,)
4:Ricordati di me.(私を思い出して下さい.)
5:Ch'io per virtu d'amore,(私の誠実な愛から,)
6:Parlando col mio core,(心を込めてあなたに言うのです,)
7:Ragionero con te. (あなたへの私の真心から。)

曲の構成はK.21とほぼ同じです。

|

« 雨の音 | トップページ | K.20,K.21,K.23/最初の声楽作品群(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2183471

この記事へのトラックバック一覧です: K.20,K.21,K.23/最初の声楽作品群(3):

« 雨の音 | トップページ | K.20,K.21,K.23/最初の声楽作品群(2) »