« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)5 | トップページ | 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)3 »

2006年6月25日 (日)

評価するとは(CD等・他演・自演・作品)4

じゃあ、自分たちの演奏は、自分たちはどう評価すればいいんでしょう?
他の演奏を聴いたときにとった「冷たい聴衆」としての立場は、今度は目の前の客席の方達のものです。ということは、「評価されるべき尺度」が自己に確保されているかどうか、を、(たとえアマチュアでも)可能な限り厳しく、客観的に、自己に対しチェックを掛ける必要が生じる、ということです。
(そこでのラクの仕方は今週の半ばに掲載します。)
「それが上手く行かなくても、普段から一緒に、一生懸命練習して来たんだ! 下手なまんまで本番ご披露でも、お客は殆ど身内だし、構うことはないヨ」
・・・そう、お考えですか?
私は反対です。
私だって技術がない分、どうしても出来ないところは残っています。
どうしたら、しかし、「音楽として最善」に聴いて頂くことが出来るだろうか?
演奏会当日まで、あきらめずに、そのことを考えたいと思います。
この項、非常に手短に終わらせてしまいますけれど、
「じゃあ、どうするか」
と考えて下さるお気持ちのある方は、もういちど(2)・(3)に戻ってお読みいただき、それが奏者としての自分にどう返ってくるかを、ご自身なりに考察して頂ければ幸いです。

|

« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)5 | トップページ | 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2377007

この記事へのトラックバック一覧です: 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)4:

« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)5 | トップページ | 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)3 »