« 定家と千載和歌集(4) | トップページ | 定家と千載和歌集(2) »

2006年6月15日 (木)

定家と千載和歌集(3)

世の中でこんなことが起こっている日、俊成は参院します。
『明月記』の記事(日付省略。読み下しは学問的に正しくないかも知れませんが、ご了承下さい)。。

晴。巳刻許リ、入道殿(=俊成)参院セシメラレ給フ。勅撰集(=千載集)総覧ノ為也。
日来自筆ニテ御清書。白色紙、紫檀軸[貝鶴丸]、羅(ウスモノ)表紙、シロギヌノ紐、外題ハ中務小輔伊経之ヲ書ス。納筥、筥蒔絵ハ自ラ御葦手ニテ新歌有。未ダ斜(=夕暮)ナラザルニ出デシメ給フ。
「御前ニ於テ殊ニ叡感有リ」ト云々(=と父上は仰っていた)。
「自ラ之ヲ読ミ申サシメ給フ。又蒔絵ノ歌ヲバ神筆ノ本ヲ以テ留メオハシマス」
ト云々(=といったお話も父上からうけたまわった)。

伝聞を記したものながら、俊成の安堵の表情、受け取った後白河の、これまたどこかホッとした様子が目に見えるような記事だと思います。
そのあとどうも、後白河法皇は熱心に内容を検討したらしく、二日後の夜に使者を通じて
「撰者(である俊成)の歌があまりにも少ないようだ。あと三、四十首は付け足しなさい」
と伝えてきました。
こんにち読むことの出来る『千載和歌集』(残念ながら私は岩波文庫本でしか所有していません)には、俊成の歌は三十六首ですから、後白河法皇が最初に目にした最初の『千載集』には、俊成は最高でも六首程度しか自作の歌を入れていなかった、ということになります。謙虚さからなのか、それとも何か別の心理が働いたのか・・・真相は不明というほかないでしょう。

新日本古典体系本はこちらで紹介されています。


Book

千載和歌集


著者:片野 達郎,松野 陽一

販売元:岩波書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する


さて、注目したいのは、この『千載和歌集』の中で占める定家の位置・・・撰入歌のこと、それから編纂助手としての関与の度合い、の二つの点です。
まずは、後のほうから考えてみましょう。

|

« 定家と千載和歌集(4) | トップページ | 定家と千載和歌集(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2235550

この記事へのトラックバック一覧です: 定家と千載和歌集(3):

« 定家と千載和歌集(4) | トップページ | 定家と千載和歌集(2) »