« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)2 | トップページ | バランス »

2006年6月25日 (日)

評価するとは(CD等・他演・自演・作品)1

音楽を評価する、ということに、そもそも基準はあるのでしょうか?
「そんなもの、聞いたことがないよ!」
・・・私もです。
音楽の評価、などということを考えるにつけ、思い出すのは次のような逸話です。正確な記憶ではないので、自分の中で作り上げてしまっている部分もあるかもしれませんが、大筋は間違っていないはずです。

近衛秀麿さんはプラハでメイドさんを雇っていたのですが、彼女の日頃の勤勉に対するお礼だったのだったかどうだったか、自身が指揮する「フィガロの結婚」に彼女を招待したのだそうです。
「フィガロ・・・」は、プラハでは誰でも知っている歌をたくさん含んでいるのは勿論です(モーツァルトの伝記をご参照下さい)。
招待された彼女は、その身近な歌が華麗な舞台の上で響き、演じられるのを見て、数日興奮が冷めやりませんでした。ですが、彼女はそれらの歌の作り手が誰なのか、全く知らなかったのです。それで近衛さんが「あのオペラはね・・・」と作曲者のことを説明しようとしても、全く聞く耳を持たなかったそうです。いわく、
「あれは、神様がお作りになったに違いない。」

どんな音楽をも、このメイドさんのように純真に愛すること・・・それが究極なんだろう、とは今でも思っています。しかし、人間、もちろん自分も含めて、ですが、なにかにつけ「評価」をしないと気が済まないところがあるようで、しかも、もし自分が
・好みの演奏を聴きたい
・思いどおりの演奏をしてみたい
と欲張り始めると、必要悪ではあっても、「評価」ということをせずにはすまされなくなります。・・・悲しかるべきならひ哉。

|

« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)2 | トップページ | バランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/2377077

この記事へのトラックバック一覧です: 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)1:

« 評価するとは(CD等・他演・自演・作品)2 | トップページ | バランス »