« クリスチャン2世 第1曲 | トップページ | 非常ベル事件 »

2006年5月20日 (土)

10歳の息子は、雷が苦手です。
今日の午後は、買い物帰りに急な大雨。みるみる厚く不気味に垂れ籠めだした黒雲に、
「カミナリは、ならないかなあ」(言葉遣い通り)
「なるかもよ」と母親。「おおきいのが。」
「やだよぉ、急いで帰ろうよぉ」
クルマでお出かけですから。心配ない。

普通に聞く雷は、地べたを揺るがすような超低音。もっとも、多彩な倍音を含んでいるようで、それらがいっぺんに耳に入るわけですから、ゆるんだ太鼓の皮をたたくよりもはるかに、ピッチが分かりにくい。空間中をこだましさえしますから、音の鳴り続く時間の長さも分かりにくい。
新幹線の中から雷の音を聞いたことがありますか?
これは、「パーン」という、たった一発の破裂音です。
しかも、こちらが音源から超高速で遠ざかっているために、雷鳴が空間に反響する効果は耳に入りません。
爆竹を一発だけ鳴らしたのと、音の高さも大きさも長さも似た印象です。
・・・ふと、そんなことを、無意味に思い出しました。思い出して、こんな事実に気がついて、ちょっとだけホッとしました。

「雷鳴の大きさだけは、どんなに暴走族が頑張っても超えられない!」

妙なことで安心してますねぇ・・・



ELECOM T-H32N OA雷アダプタ

CE
ELECOM T-H32N OA雷アダプタ

販売元:エレコム

Amazon.co.jpで詳細を確認する




雷と雷雲の科学?雷から身を守るには

Book
雷と雷雲の科学?雷から身を守るには

著者:北川 信一郎

販売元:森北出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する




かみなりのちびた

Book
かみなりのちびた

著者:長 新太,松野 正子

販売元:理論社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« クリスチャン2世 第1曲 | トップページ | 非常ベル事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/1868730

この記事へのトラックバック一覧です: :

« クリスチャン2世 第1曲 | トップページ | 非常ベル事件 »