« メヌエット問題!:4 意外な素性 | トップページ | メヌエット問題!:2 最初の疑問 »

2006年5月17日 (水)

メヌエット問題!:3 さらなる疑問

次に、「交響曲の生涯」では、「メヌエットは一八世紀の『流行』」という前提を、何の疑問もなく推論全体に敷延していること。しかも、そもそもメヌエットとはなんぞや、という点については、全く考慮されていないこと。メヌエットは「交響曲」以前に、たとえば大バッハやヘンデルの管弦楽による組曲にも組み入れられています。あるいは、大バッハの無伴奏ヴァイオリンのパルティータ、とくに第3番。全曲が舞曲のタイトルを持っていますが、だからといって、バロックダンサーは無伴奏パルティータで踊るなどという発想はしないのではないでしょうか?
また、ダンスホールの歴史は知りませんけれど、たった1つの曲種であるメヌエットが、バロック期から古典派時代まで一貫して流行していたということは、人間の飽きっぽい性格を考えたとき、とても「あり得る」こととは思えません。
つまり、メヌエットは「舞曲」とされながら、本当に百年間も「舞曲」でありつづけたのかどうか・・・現在の日本人にとって第2次大戦直後の笠置シヅ子の「東京ブギウギ」がもはや踊るための曲とは考えられないことと同じ現象が、18世紀のヨーロッパでは起きなかったのでしょうか? そんなことが、あり得るのでしょうか? (喩えが古くさいですか? だとすれば、たった50年でもそんな老朽化が起こる何よりの証左ではないでしょうか?)

|

« メヌエット問題!:4 意外な素性 | トップページ | メヌエット問題!:2 最初の疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/1825238

この記事へのトラックバック一覧です: メヌエット問題!:3 さらなる疑問:

« メヌエット問題!:4 意外な素性 | トップページ | メヌエット問題!:2 最初の疑問 »